これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

退職するための就業規則って何?

退職を切り出すのは、
非常に心苦しいですが、

 

会社を辞めるためには、
どうしても避けては通れない道です。

 

そこで退職をしたいという意向を
伝えることになるのですがその時に、

 

確認しておきたいのが
「会社の就業規則」です。

 

就業規則は、
会社の方針や休みの規定などが書かれています。

 

自分で手に入れることができない場合は、
人事部の人などに聞いてもらってきましょう。

 

退職する場合は
法律上は辞める1ヵ月前に報告すればいいことになっています。

 

しかし会社によっては、
3ヵ月以内に報告するということがほとんどです。

 

いくら法律上は1ヵ月ということになっていても、
まず守るべきは就業規則ですから3ヵ月以内ならそれに従いましょう。

 

就業規則には辞めるための
様々な理由や退職金の有無も乗っていますから、

 

辞めるまえに一度は
必ず確認しておくことが必要です。

 

1人辞めるとなったら、
それで仕事が回る環境であれば問題ないですが、

 

欠員が出たことで、
残りの人の負担が大きくなることもあります。

 

そのために3ヵ月という期間を区切って、
その間に引き継ぎなり人員確保をしたいという会社の意向でもあるのです。

 

このように自分にとっては、
一つの会社を辞めるというだけに過ぎませんが、

 

会社や残った人にとっては、
大きな損失となるのです。

 

それを埋めるためにはどうするか?
出勤スケジュールやプロジェクトの変更もあるかもしれません。

 

どうしても会社を辞めたくなってしまうと、
自分のことで頭がいっぱいになってしまいますが、

 

残された人のことも考えて、
しっかりと就業規則を守って退職するようにしましょう。

 

場合によっては求人をすぐにかけて、
自分がいるうちに新人教育をする必要もあります。

 

自分の仕事を引き継いでもらうという上では、
最後の大きな仕事になりますからしっかりと成し遂げましょう。

 

辞める日が決まってしまうと、
なかなか仕事でのモチベーションを上げるのが難しくなりますが、

 

退職するその日までは、
当然そこの会社の社員なのです。

 

そのことを忘れず、
最後まで一生懸命に仕事をすることが円満退社の秘訣ですよ。