これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

円満退職をするためのマナーとは?

会社を今すぐ辞めたい・・・
もうこんな会社きたくもない・・・

 

という理由で退職して
転職を希望している人も多いはずです。

 

しかし一度はお世話になった会社です。
そこで働いていたおかげで給料も貰っていた訳ですし、

 

ある程度のスキルも
身につけることができたのではないでしょうか?

 

ですからもうどうしても嫌だ・・・
という気持ちは分かりますが辞める時くらいは、

 

気持ちよく
円満退社できるように心がけましょう。

 

そこで大切なのが、
退職時のマナーです。

 

退職をする場合のマナーとして、
いきなり「明日からこれません」などと伝えるのはあり得ませんよね。

 

あらかじめ
退職したい日にちを伝えるのが常識です。

 

一般的には辞める3ヵ月前には
直近の上司に退職の意向を伝えるということになっています。

 

会社によっては、
1ヵ月前に伝えればOKというところもあります。

 

いずれにしても
退職する場合はいつまでに報告をする、

 

という決まりが会社ごとに
ありますからそれをしっかりと守るようにしましょう。

 

これはあなたが抜けた穴を埋めるために、
新しい人員を確保する必要があるためです。

 

求人を出したり、
後継者をつくるなりの時間の余裕を持つために、

 

このような規定が
あるので急な退職は避けるようにしましょう。

 

さらに大きなプロジェクトを引き受けている場合は、
そのタイミングで退職をするというのもマナー違反です。

 

自分がプロジェクトを引っ張っていく立場であるなら
もちろん自分が抜けるとどうなるかは分かりますよね?

 

自分が部下の立場であったとしても、
そのプロジェクトが終わるまでは会社に残っておくのがマナーとなります。

 

そして一番重要なのが、
退職後の引き継ぎをしっかりしておくことです。

 

会社によっては、
内部の人間だけではなく、

 

営業先やクライアントを抱えている人もいるはずです。
そうすると自分だけしか知らない情報もたくさんありますよね。

 

それを退職する前に他の人に伝えておかないと、
会社の人間だけではなく営業先にも迷惑をかけることになります。

 

結果として会社全体の
損益にもなりかねません。

 

それは絶対に防ぎたいことですので、
しっかりと引継ぎをする時間をとってから退職をするようにしましょう。