これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

円満退職をする前にやっておくこととは?

会社を辞めて退職をするということは、
自分がやっていた仕事や場所に穴があくということです。

 

ですから退職をする前に、
しっかりと段取りを組み、

 

辞めた後に
他の人が困らないようにしておくことが重要です。

 

そこまでできていて
初めて円満退職ができたと言えるのです。

 

大きな仕事を任されている人や
ある程度の役職についている人はもちろんのこと、

 

自分は大した仕事を
している訳ではないと感じている人も、

 

大なり小なりに、
職場に迷惑をかけることに変わりはありません。

 

だからこそ、
残った人が困らないようにすることが大切なのです。

 

まずは退職をする準備として、
自分の一番直近の上司に辞めたい意向を伝えます。

 

ここで上司の前に同僚や、
直近の上司をとばしてさらに上の人に相談するのはNGです。

 

退職したい意向を伝えるのは
必ず「直近の上司」から報告するのがマナーです。

 

そして次に退職する日を決めます。
そしてやっと周囲の人に辞めるということを伝えていくのです。

 

自分が辞めた後の仕事は誰が引き継ぐのか?
という話合いも必要になってきますよね。

 

して引き継ぎをするための資料を整理したり、
自分だけしかやっていないことはマニュアルを作っておくといいでしょう。

 

退職前のあいさつ周りというのは、
退職の前日にするのがいいですが、

 

退職する前日には会えない人などには、
1ヵ月前であっても退職しますということを伝えておきましょう。

 

役職が上の立場になるほど、
挨拶する相手が多くて大変ですが、

 

これを済ませれば、
無事に円満退職できますから挨拶は欠かさずして下さいね。

 

円満退職するには、
これらの全てのことが必要です。

 

一つでも抜けていたり、
順序を間違ってしまうと大きな迷惑をかけてしまいます。

 

その結果、
円満退社したつもりでも

 

相手にとっては
よく思われていないケースもありますから注意が必要です。

 

その後退職した人と会うという機会は
あまりありませんがバッタリ会った場合でも、

 

気がねなく会話ができるように、
しっかりと順序よく準備をしていって下さいね。