これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

営業職に向き不向きの違いは?

営業の仕事をしていますと、
どうしても成約が取れないこともありますよね。

 

 

百発百中で営業が取れたら理想ですが、
現実には無理ですよね。

 

 

次こそはある、と思っても、
次から次へと断られるとどうしても焦ってしまうものです。

 

 

そうなると、自分の給料にも影響が出ますし、
会社にいるのも辛くなりますよね。

 

 

そして、自分は営業に向いているのだろうか、
という疑念も何度も出た経験があるはずです。

 

 

そのようなときに、このようなサイトを見て営業を続けるか
完全に足を洗うかを悩んでいるところだと思います。

 

 

では、営業に向き、不向きというのは、
どのようなタイプになるのでしょうか?

 

 

そこで不向きな方は、
人と話すことがとても億劫な人です。

 

 

やはり、人と接して仕事をする以上、
人間関係が苦手または苦痛に感じる人には向いていません。

 

 

では、おしゃべりならいいのかといったら、
やはりそれも営業には向いていません。

 

 

人の話を聞くことができず、
一方的に話してしまう人も営業には向いていませんね。

 

 

やはり、営業マンが一方的に話すということは、
売り込まれることを相手が警戒するからです。

 

 

まずは相手の話や意見を聞いて、
それに対して必要な提案や説明をするのが
営業に向いている人です。

 

 

また、営業は基本的に外に出ますので、
デスクワークが好きで
一人でコツコツ仕事をする人には向いていません。

 

 

外に出ていろんな人と会うのが好き、
他には話をしていろんな情報を仕入れるのが楽しい方は、
営業に向いている人です。

 

 

とはいっても、
自分は営業に向いていないから絶対に無理なのか、
といったらそのようなことはありません。

 

 

今の職場が合っていないだけで、
他のところでは実力を発揮できることも考えられます。

 

 

そのところで、
営業をするべきかどうか悩んでいましたら、
転職サイトの転職エージェントに
相談してみてはどうでしょうか?

 

 

あなたの性格や考えを聞いて、
こういう営業ならできるのでは、
という提案もしてもらえるからです。

 

 

自分は営業が絶対に向いていないと最初から諦める前に、
一度転職サイトに登録してそれから再度検討してみませんか?