これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

退職する前にやっておくべきこととは?

退職をする場合は、
在職中に次の転職先を見つけておきましょう。

 

それができずに、
先に退職するのであれば、

 

いくつか先にやっておきたい
手続きがありますので紹介します。

 

まず、審査が必要となる
クレジットカードや住宅ローンというのは、

 

会社に勤めていないと
なかなか審査に通らなくなります。

 

すぐに内定をもらって、
転職できれば問題ありませんが、

 

転職市場が活性化しているとはいえ、
自分の希望する仕事にすぐつけるかどうかはまだ分かりません。

 

そのため
住宅ローンを組んで家などの購入を

 

考えているのであれば、
先に住宅ローンの審査を受けておくことをおススメします。

 

さらにクレジットカードも
無職の場合は作成しにくくなります。

 

今持っているもので十分であるなら問題ありませんが、
今後作りたいと思っているクレジットカードがあるなら、

 

退職をする前に
先に作っておきましょう。

 

そして一番見落としがちなのが引っ越しです。
引っ越しはいつでもできると思われがちですが、

 

賃貸契約を
結ぶのが非常に難しくなるのです。

 

夫婦共働きで
片方の収入がある場合は問題ありません。

 

しかし専業主婦で
大黒柱である自分が退職する場合や、

 

独身で退職を考えている人は、
先に賃貸契約を結んでおくことが重要です。

 

なぜなら賃貸だと家賃を支払う必要がありますよね。
無職なら家賃を支払う能力がないため契約を結べないことがあるのです。

 

退職をした後に
引っ越しをしてそこで新しく転職活動を

 

始めようと思っている場合は、
賃貸契約が結べなくて家が決まらないということもあり得ます。

 

ここは多くの人が
見落としている部分です。

 

退職をしてから「しまった」
ということがないように今から準備をしておきましょう。

 

このような予定がない人は、
特に必要がないので読み飛ばしてもらって結構です。

 

しかし上記のような計画がある場合は、
今の会社に属しているうちに色々と済ませておくのがポイントです。