これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

退職後に転職活動を行うデメリットは?

今すぐ会社を辞めてしまいたい・・・
もう精神的にも限界がきていて仕事にならない・・・

 

こんな風に、
明日にでも仕事を辞めてしまいたい人もいるはずです。

 

できれば在職中に転職活動をするのが理想ですが、
精神的にも肉体的にも限界を迎えている場合は最初に退職するのもいいと思います。

 

しかし、退職をしてから
転職活動をするにはデメリットがあることを理解しておきましょう。

 

まず退職を先にしてしまってから、
転職活動を行うデメリットとしては、

 

内定が必ずしもすぐ決まる訳ではないということがあります。
次の転職先がなかなか決まらず長期間に及んでしまえばその期間中は、

 

金銭的に、
苦しい状況になることが考えられます。

 

また退職を先にしてしまうと、
現状が「無職」という状況になってしまいます。

 

そうなると精神的に追い詰められて、
早く内定をもらわなければいけないような気がしてきます。

 

金銭的にも余裕がなくなってくれば、
どこでもいいから内定をもらわなければ!!

 

と気持ちが焦って、
結局のところ希望とは違うところに就職してしまう可能性があるのです。

 

転職をする理由は、
今の会社を辞めたいという理由の他にも、

 

今の会社よりも良い環境で働きたい!
今の会社よりも給料のいいところに就職したい!

 

というような、
理想があるはずです。

 

先に退職をしてしまうと
その理想よりも現実的な方に目が行ってしまうので、

 

実際に目標としていた会社ではなく、
結局同じような環境のところに転職をしてしまい、

 

転職に失敗して、
また会社を辞めたくなってしまうケースが多いのです。

 

ですから、
退職をするまえの在職中に転職活動を行うのが一番なのです。

 

とはいっても
今の環境にストレスを感じすぎていて、

 

精神的にも肉体的にも
もう会社に行けないような状態であれば、

 

一刻も早く会社を辞めた方がいいでしょう。
そしてまずは精神科などを受診して体調を整えるのが先決です。

 

場合によっては、
転職活動をするよりも自宅療養をした方が良い可能性もあります。

 

仕事をする上では、
精神的にも肉体的にも健康であることが条件です。

 

在職中に転職活動をしなければいけない!
ということに縛られてあまり無理をしすぎるのもよくありません。

 

自分の正直な気持ちと
置かれている状況を客観的にみて、

 

もうこのままでは、
自分が崩壊してしまいそうならば早く辞めてしまってから、

 

その後で、
ゆっくりと将来のことを考える方が向いている場合もあるのです。