これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

ブラック企業に就職してしまい辞めてしまいたい場合は?

最近では社会問題として取り上げられることも多い
「ブラック企業」ですが問題視されていない会社は山のようにあると思います。

 

新聞やメディアで取り上げられるブラック企業は、
だいたい大手の企業ですが中小企業でも同じような現状です。

 

今回取り上げるのは、
マーケティング業界の裏についてです。

 

マーケティングというと、
カッコいい仕事というイメージを持って就職した人もいるかもしれません。

 

新社会人として初めての就職をする場合、
まだやりたいことがはっきりとしていなくて、

 

とりあえず就職できるところ、
とりあえず興味のあるような会社に就職、というのはよくあります。

 

ですからその会社が
ブラック企業かどうか?というのを

 

先に調べるよりも、
とりあえず入社する方に力を注いでいた訳です。

 

マーケティング業界でよくあるのは、
どこの会社のものがどこでよく売れているのか?

 

他の会社の商品と自社の商品の違いや、
売れ筋、次に出す商品はどんなものか?を調査する仕事です。

 

調査といっても
ネットに流れている情報や雑誌から集めたような情報は、

 

すでに把握してある情報なので、
仕事として集めなければいけないのはまだ表に出ていない情報です。

 

これをどうやって調べるのかというと、
直接ライバルの会社に出向いたり電話をしたりして、

 

たくみな話術をつかって、
情報を引き出すということになります。

 

中にはライバル社で打ち合わせを持ちかけて、
こっそりと社内をうろついて物色したり情報を持ちだすこともあるようです。

 

はっきり言えば、
犯罪ギリギリもしくは犯罪行為のようなものを強いられている訳ですよね。

 

こんなところは辞めてしまいたい!
と思うのは当然のことだと思います。

 

ですからブラック企業というのは、
犯罪行為のようなことを社員にさせるような会社もあるのです。

 

もし勤めている会社がこういうことを平気で
仕事のため、自社の為といって行っているのであれば、

 

一刻も早く
退職して次の転職先を探した方がいいでしょう。

 

マーケティングというと、
聞こえはいいですが実情は大変な業務です。

 

あくまでも私の意見ですが、
他人を足踏みにしてのし上がるというイメージです。

 

もちろんマーケティングという仕事は必要であり、
誰かがやならければいけない仕事でもあり正当な方法で行っている会社もあります。

 

ですから辞めた方がいいというのは、
違法な行為を強要してくるような会社の場合です。

 

リスクが高い変わりに、
給料が高いというところも多いようですが、

 

退職者が次々に出ていたり、
精神的に鬱になって辞めていく人が多いような会社は、

 

やはり会社の運営自体に問題があります。
自分自身の保守のためにもしっかりとした会社に転職することをおススメします。