これ知らないと失敗します!転職サポートQ&A

ブラック企業かどうかを見分ける方法は?

早朝から深夜まで働き詰めできつい・・・
休日にも関わらず出勤しなければいけないことが多い・・・
残業をしてもそれに見合った給料をほとんどもらっていない・・・

 

こういうことが重なり、
自分の会社はブラック企業なんじゃないか?

 

と悩んだあげくに、
転職しようかどうか悩むことってありますよね。

 

でも、本当に自分の会社が
ブラック企業と呼ばれる状態なのか分からない。

 

その結果、長時間労働が嫌で辞めるのは、
ただの逃げなのではないか?と思っている人もいるようです。

 

そこで、
ブラック企業の見極め方を伝授したいと思います。
ブラック企業というのは
ここ数年で広がった言葉で

 

就職面接や求人情報とは
全く違う過酷な労働を強いている会社のことです。

 

本当であれば、
就職する前にブラック企業かを見極めたいところですが、

 

すでに会社に就職してしまっているのであれば、
その会社の内情をみることでブラック企業か見極めることができます。

 

ブラック企業の特徴をみて、
それに当てはまっているのであればすぐにでも転職を考えた方がよさそうです。

 

ブラック企業にありがちな会社の社風

 

 

・残業するのは当たり前だという会社の風潮

 

・仕事があれば休日返上して働くのが当たり前

 

・残業をしたとしても「みなし残業」でほとんど残業代が出ない

 

・入社してから3年以内に辞めていく人が多い

 

・自分の会社を人に勧められない

 

・体力勝負の仕事で体力的に働けなくなればポイ捨てされる

 

・病気で倒れたり、うつ病になる人の確率が高い

 

・年配の社員がおらず給料値上げをしないためのリストラが多い

 

・会社に労働組合がなく、立ち上げようとした社員はクビにされる

 

・会社の変革(労働条件の変更)などを上に求めると吊し上げにあう

 

・会社経営を一族がになっておりワンマン経営になっている

 

・上に逆らえない状況で常におびえながら仕事をしている

 

・社員をリストラや給料値下げなどで脅してくる

 

・会社の不祥事をしっかりと調査せず当人だけをクビにし揉み消しを行う

 

・求人情報を見てみると現状とは明らかに違う待遇が書いてある(ウソの情報)

 

・役職につくと残業を払わない仕組みを利用して無理に役職につきタダ働きさせられる

 

・冠婚葬祭などの時にも休みをもらえず、当然有給も使わせてもらえない

 

 

 

少し上げただけでまだまだたくさんありますが、
ブラック企業にはこのような特徴があります。

 

長時間労働をさせ、
それに見合った給料を支払わないということは、

 

立派なブラック企業の一部です。
ですからそれを理由に転職するのは賢い方法です。

 

むしろ、
転職した方が自分の為です。

 

できるだけ早いうちに、
しっかりとした体勢の企業に転職した方がいいですよ。